アリバサッカースクール

各校詳細

宝塚本校

開催日 火曜日~木曜日(※祝日は休校)
時間 U9 16:30~17:30(60分)
U12 17:40~19:00(80分)
17:40~19:40(120分)
U15 17:40~19:00(80分)
17:40~19:40(120分)

 

伊丹笹原校

開催日 火曜日(※祝日は休校)
時間 U12 17:00~18:20(80分)
U15 17:00~18:20(80分)

 

西宮瓦林校

開催日 水曜日(※祝日は休校)
時間 U12 17:00~18:20(80分)
U15 17:00~18:20(80分)

 

伊丹昆陽池校

開催日 木曜日(※祝日は休校)
時間 U12 17:00~18:20(80分)
U15 17:00~18:20(80分)

 

西宮山口中央校

開催日 金曜日(※祝日は休校)
時間 U12 17:00~18:20(80分)
U15 17:00~18:20(80分)

 

豊中服部緑地校

開催日 金曜日(※祝日は休校)
時間 U12 17:00~18:20(80分)
U15 17:00~18:20(80分)

 

練習内容

U9

ドリブル・パス・シュート・ミニゲーム
などを通じてサッカーの楽しさを
学んでいただきます。

U12・U15

【練習時間】

宝塚本校 17:40~19:40
他校   17:00~19:00

【ドリブル】

〇宝塚本校 17:40~18:20
 他校   17:00~17:40

※各項目をタップすると詳細が開きます

① フリードリブル 10分

◆グリットの中に参加者が全員入り、自由にドリブル。

ポイント

ウォーミングアップも兼ねているので様々なボールタッチを行う。徐々に移動するスピードと足さばきのスピードを上げていく。また、前方向だけでなく後ろ横方向にも動くようにする。

閉じる

② コーンドリブル 10分

◆コーンを4本置き、ドリブルをする。

ポイント

ダブルタッチ、インロール、アウトロール、アウトサイド、クライフを中心に行い試合で使える技術の習得を行う。レベルに応じて、コーンの間隔やリズム、技を組み合わせて難易度を調整する。

閉じる

③ 当日のメインテーマの習得 20分

◆コーンをメインテーマに合わせた置き方をしてドリブルをする。

ポイント

メインテーマの技はどのような場面で使うのかを意識させてひたすらその技術の習得を行う。

例)アウトサイドのタッチがテーマ
→膝と肩を連動させて動くことや、膝を抜くことでキレ味があがることなどを意識して行う。レベルの高い生徒は交わした先のこともイメージさせて、場合によっては1人目を交わしたあとの2人目を意識させたコーンを設定するなど難易度を上げる。

☆キーファクター

身体の使い方、足の運び方、姿勢・目線、ボールタッチ、スピード、想像

閉じる



【パストラップ】

〇宝塚本校 18:20~19:00
 他校   17:40~18:20

※各項目をタップすると詳細が開きます

① パス&コントロール 10分

◆対面になりシンプルに止める蹴るを徹底して行う。

ポイント

どこで蹴れば正確に強いボールが蹴れるかを意識させる。 基本的な蹴り方はあるが 、人によって蹴るポイントには個人差があるので自分で探らせながら行う。 距離に応じて蹴り方やキックの質を変えるようにする。 レベルに応じてCクラスの生徒はまず、使う頻度が高いインサイドトラップ、インサイドパスを徹底する。 SやAクラスの生徒は、カーブをかけたパスや胸コントールなども入れていく。 トラップの際、パスがずれた時に足だけで止めに行くのでなく、身体を運んだり、パスに応じてバックステップやサイドステップなどをして、ボールの正面に入って止めることを意識する。身体の使い方などコーディネーション要素も意識する。

閉じる

② パス&ムーヴ 10分

◆動きながらパスやトラップを行う。

ポイント

先に行ったパス&コントロールを基本に動きながらパスやトラップを行う。 動きの中で、体幹やステップワーク(コーディネーション)を意識する。 動きながらの技術は体幹がブレる、ステップが踏めないことによるミスが多いので 蹴る止めるための形を作ることを意識する。 SやAクラスの選手はワンタッチパスなど高度な技術も入れて、スピードやリズムなどを意識して行う。

閉じる

③ フラッシュパス(3人組) 20分

◆動きながら進行方向を意識したパスやトラップを行う。(メインテーマも意識)

ポイント

進行方向がつくことでどうしたらスムーズにパスやトラップ をして前に進むことができるかを考えて行う。 距離感やリズムチェンジ(ワンタッチなど)、また、メインテーマを使って行う。

例)ゴロのインサイドパスがメインテーマ
→どのようにボールを止めれば、あるいはどのような身体の向き、角度をとれば速いゴロパスができるかを意識する。

☆キーファクター

パストラップ、身体の使い方、足の運び方、身体の向き、体幹、コーディネーション、周知力、想像

閉じる



【キックシュート】

〇宝塚本校 19:00~19:40 ※チーム生GKが入る

※各項目をタップすると詳細が開きます

① ポストシュート 20分

◆ポストプレーヤーを配置し、ポストプレーヤーにパスを出し、ワンタッチで落としてもらいシュートする。

ポイント

まず、しっかりとインパクトさせるためにボールをよく見て、しっかりと踏み込み強いキックを意識する。 SやAクラスの子は強いシュートをサイドに打ち分けることや駆け引き(フェイントなど)も意識する。 また、浮き球などイレギュラなボールも交えて対応力も身に付ける。

閉じる

② フラッシュパス~シュート(3人組)

◆ハーフウェイラインから3人でパスをつないでシュートまで持っていく。

ポイント

ポストシュートを基本に動きながら行う。

体幹やステップワーク(コーディネーション)を意識する。 動きながらの技術は体幹がブレる、ステップが踏めないことによるミスが多いので 蹴る止めるための形を作ることを意識する。また、自分が蹴れる体勢か味方が蹴れる体勢かを考える。 できるだけワンタッチでそのままシュートできるように意識する。 SやAクラスの生徒がやるときはコーチが少し立つなどしプレッシャーを与え打ちにくくする。

☆キーファクター

身体の使い方、足の運び方、インパクト、強い足の振り、軸足、駆け引き(GKを観る)、体幹、想像

閉じる

 

お問い合わせ・練習の見学ご希望など、お気軽にどうぞ

お問合せはフリーダイヤル0120-800-048へメールでお問い合わせはこちら

アリバのサッカー留学について

コーチ募集
安心のバス送迎

アリバサッカースクール

〒665-0041 兵庫県宝塚市御所の前町2-5
リバーサイド宝塚 > 会社概要

上へ戻る